ここ半年くらい 急に右肘が痛むようになりまして・・

正直、肘が痛くなる。ってのははじめての経験だったので
なかなか面白い発見がありました。

そもそも、関節痛にもいろいろと種類があって
例えばテニス肘やゴルフ肘と呼ばれるものは
動かしすぎて炎症が起きてしまっている状態を言うのですが

本当に炎症を起こしている状態では、
当然整体は手出しすることもできません。

でもそもそもなぜ炎症が起きてしまったのか?
というところに着目すると、
整体が手出しをする隙が見つかるかもしれないんです。

山村留学施設で勤めていた頃
毎日20食ほど調理をしていたもので
大鍋を振り回す日々のせいで、手首や肩を痛めたことはあるんです。

でも肘が痛くなったのは今回が始めてでした。

そもそも肘の痛みって肩や手首よりは出にくいものなんです。
なぜってカタチが単純だから。

人間の肩ってとても成功にできていて稼働域がすごく広いんです。

屈伸
肘痛4
内外転
肘痛3
内外旋

肘痛6

あと水平の内外転も可能です。
これらの動きを組み合わせれば”全ての基本面で動くことが可能”ということになります。

それに比べて肘は90度の屈伸のみ。

__
上腕二ち卯上腕3頭筋

なぜこんなに可動域が違うのか。

理由は関節の構造です
肩関節は”球関節”といって、
肘痛7
骨頭が凹部にはまっていて全ての方向に動くことが可能です。

肘関節は”蝶番関節”といって、
肘痛8
決められた一方向にしか動けません。
これは膝と同じ構造です。

人間の作るものでもそうですが
形あるものは 単純なのもほど丈夫なんです。

だから肘や膝は、よっぽど使い過ぎた時か
もしくは 片側に偏った使い方を続けた時にしか、痛みません

ちなみに手首は
屈伸
肘痛9
内外転
肘痛10
が出来ます。
(※前腕の回旋は

肘関節の動きでも手首の動きでもなく
トウ尺関節、といって 前腕のトウ骨と尺骨の回旋となります。)