妊婦さん整体の施術の方法 事例集

その方の抱える痛みの部位によって施術の手順は異なりますが
○仰向け
仰向け 腕 寄り4腹
もしくは
○横向き
妊婦施術1
での施術になります。

※当ページに使用されています素敵な施術写真は
升澤 寿崇 さんの撮影によるものです。※

施術例[肩こり]

○肩こりの原因は 手から腕の筋肉のこりです
まずは仰向けで腕をしっかり緩め、
仰向け 腕 寄り
続いて横向きで肩甲骨を十分にストレッチして
妊婦施術3
最後は仰向けで後頭部で頭の緊張を緩めます。
頭

施術例[腰の痛み]

○腰痛の原因は 脚からでん部の筋肉のこりです
まずは仰向けで足のうらから筋肉をほぐしていきます
足 背から
つづいて横向きでふくらはぎ、モモの裏と内側をゆるめ
妊婦施術2
最後はでん部をほぐしていきます。
横でん部
実際に腰をぐりぐり揉まなくても 腰の痛みはすっきり取れます。
(人によっては(姿勢によっては)仰向けで前ももの施術も入ります)

施術例[仙骨周辺の痛み]

○子宮が大きくなるにつれて骨盤が開いていき、それとともに仙腸関節
に痛みを感じる人が多く居ます。
この痛みは正直 産むまですっきりとりきることは難しいですが
大切なのは”痛みのために周囲がさらに緊張し、
余計に痛みを増幅させない”ことだおと思います
まごのて庵ではそのお手伝いができます。

手順は[腰の痛み]編とだいたい同じになります
脚を小さく動かし インナーマッスルに働きかけ 骨盤にかかる緊張を緩め
妊婦施術5
そのあとストレッチをする。という技が加わります。
妊婦 仰向け足2

施術例[そけい部の痛み]

○これも妊婦さん特有の痛みで、特に妊娠後期に現れやすいです。
基本は[仙骨周辺の痛み]とほぼ同じです。
人によって仙骨にでる場合と
逆に前側にまわってそけい部が痛む人があるようです。
足 引っ張り2
小さな優しい動きでインナーマッスルを徐々に緩める技を使います。

施術例[背中の痛み]

○背中の痛みは 腕~肩甲骨周辺のコリ、または股関節内側のコリ
もしくはその両方が関わるもの。
そして更には呼吸が浅くなったことによる胸骨の動きの悪さ
緊張による胃の収縮など様々な原因が考えられます。
いずれの場合も仰向けで腕
仰向け 腕 動き
横向きで股関節周りの施術。
繝槭ち繝九ユ繧」繝シ謨エ菴・L1005850r
背中は肩甲骨を支える機能があるので 肩まわり
繝槭ち繝九ユ繧」繝シ謨エ菴・L1005837r

緊張が原因の場合は仰向けで頭の施術を念入りに行う場合
もあります。
頭